トップペーj 書籍リスト 雑誌リスト 営業案内 お問合わせ
  芸術  政治学  語学  農学  法学  工学  心理学  教育学  経済学  経営学  文学

特定商取引法の表示
お勧め書籍

 
タイトル:Impact of the 2015 Nepal Earthquakes on Individual Children’s Enrolment Situation
サブタイトル:Seeking ‘High-quality Education’
著者:Naruho Ezaki
発行:2021年3月27日
定価:5,000円+税
ISBN:978-4-909848-05-5
サイズ:B5変
ページ数:194頁
概要:This book investigates changes in education and the impact of natural disasters on children’s enrolment, focusing on Nepal. The author collected data through school visits, interview surveys, and home-visit surveys, and clarifies five key points: (1) enrolment flow of children in peacetime; (2) characteristics of children left behind by the movement seeking ‘high-quality education’; (3) enrolment pattern of each child left behind by the movement; (4) differences in occupations and incomes of individuals served and left behind by the movement; (5) effects of the 2015 Nepal earthquakes on attendance and enrolment flow. This book has shed light on children who need support in the SDGs era.

★レビューを読む
  



 
タイトル:ダニエル・デフォーの生涯と時代
サブタイトル:疫病・大火・陰謀・反乱・革命
著者:織田 稔
発行:2021年5月2日
定価:9,000円+税
ISBN:978-4-909848-03-1
サイズ:A5
ページ数:504頁
概要:ペストの大流行とロンドンの大火というイングランド王国未曾有の大災厄、さらに国王暗殺の謀略の発覚、王位の推定継承者であるジェームズのイングランドのカトリック国家への再生の野望、プロテスタント王国堅持をめざすモンマス公擁立派の抵抗がこれにつづき、両派の葛藤対立はモンマスの反乱で頂点に達し、セッジモアで激突、ジェームズがこれに勝利してカトリックへの偏向がすすむ。この機を捉えてオレンジ公ウィリアムのイングランド進攻となり、名誉改革に至る。デフォーもモンマスの反乱にも積極参加、乱後の戦犯者リストにもリストアップされるなど、王政復古から名誉革命までのイングランド激動の30年を活写している。

★レビューを読む
  



 
タイトル:Effective Methods for Intercultural Education
サブタイトル:Towards Multicultural Coexistence in a Global Society
著者:Jun Numata
発行:2021年2月28日
定価:5,000円+税
ISBN:978-4-909848-04-8
サイズ:B5変
ページ数:212
概要:This book investigates the effective methods for intercultural education for Japanese university students by focusing on reducing prejudice, improving empathy, and increasing interest in multicultural coexistence. The first half of the book includes a theoretical study on intercultural understanding, studies concerning the direction of intercultural understanding found in education policies in Japan, and concerning the current situation of intercultural understanding by Japanese university students. The second half deals with a study on the development of methods for intercultural education based on the discussions of the first half.

★レビューを読む
  


Copyright(C) 2005 Union Services. All Rights Reserved.