トップペーj 書籍リスト 雑誌リスト 営業案内 お問合わせ
  芸術  政治学  語学  農学  法学  工学  心理学  教育学  経済学  経営学  文学

特定商取引法の表示
お勧め書籍

 
タイトル:Sustainable Tourism for Rural Revitalization
サブタイトル:
著者:Takashi Oyabu, Masahide Yamamoto, Kayoko H. Murakami, and Mayu Urata
発行:2019年10月1日
定価:5,000円+税
ISBN:978-4-946428-97-5
サイズ:B5変
ページ数:212頁
概要:Tourism industry promotion is a factor to develop the economy in Japan. It is difficult to increase the number of domestic tourists because of a declining population and an aging society. Regional revitalization was put forward to solve the concentration by the Japanese government. Inbound tourists could compensate for the decrease of domestic tourists. Japanese tourism competitiveness is 4th in the world, and 1st place in Asia. It is essential to utilize information technology and develop human resources for the tourism industry. Four authors explain their basic concepts and case studies.

★レビューを読む
  



 
タイトル:健康長寿と食品科学
サブタイトル:静岡県地場産品の優位性
著者:衛藤 英男
発行:2019年5月1日
定価:2,000円+税
ISBN:978-4-946428-93-7
サイズ:A5
ページ数:184頁
概要:本書は、静岡県産の恵まれた農水産品に焦点を当て、健康で長生きするための食品に関する機能性を著した。静岡県は日本一高い富士山(3,776 m)から日本一深い海の最深部(一番深いところで–2,500 m)までの高低差があり、海岸線の長さは日本で2番目という地の利に恵まれている。また気候が温暖のため、多くの種類の農水産物が収穫・水揚げされている。消費者にとっては何がどのように効果があり、何を買ったらよいのかを理解するのが難しいのが現状である。スーパーなどで食品を買う場合、糖質ゼロや糖質オフ、有機野菜、本わさび入りや絹ごし豆腐など、買い手を誘惑する言葉が躍っている。本書ではこれらについても説明している。また、それにかかわる法律や考え方、食品企業の取り組みや食品による健康長寿の今後についても記した。

★レビューを読む
  



 
タイトル:知覚−身体的リアリティの諸相
サブタイトル:感覚間統合から社会的ネットワークまで
編著者:太城 敬良、橋本 文彦、天ヶ瀬 正博、一川 誠
発行:2019年5月18日
定価:3,500円+税
ISBN:978-4-946428-92-0
サイズ:A5
ページ数:292頁
概要:本書は、感覚間統合、知覚順応、知覚−運動協応、そして、知覚における身体性を探究し続けてきた一研究者の下に集まった、研究者たちと学生たちによる論文と報告である。それらのテーマに実験(「逆さ眼鏡実験」)によって最初に挑んだアメリカの心理学者G. M. Strattonは、その研究を皮切りに、社会行動、宗教心理、そして、国際関係の研究にまで足跡を残した。二つの世界大戦を経て、彼は過度の客観主義による人間機械論を批判してこう語っている。「五感によって感じられるこの世界の拠り所と意味こそが...これ以上ない一つのリアリティである。そのことを人はいずれ確信するようになる。」(Tolmanによる追悼文, 1961, p. 296より)その言葉通り、本書には、私たち人間のリアリティに関して、感覚間統合の基準系や利き手による画像記憶生成などの研究から、難治性疼痛の治療や情報機器による社会ネットワークなどの研究までの様々な基礎的または応用的研究の論文に加え、市井の人々による生の実践についての報告が収められている。

★レビューを読む
  



 
タイトル:The Resurgence of "Buddhist Government"
サブタイトル:Tibetan-Mongolian Relations in the Modern World
著者:Yumiko Ishihama, Makoto Tachibana, Ryosuke Kobayashi, and Takehiko Inoue
発行:2019年2月28日
定価:4,167円+税
ISBN:978-4-946428-89-0
サイズ:B5変
ページ数:256頁
概要:The compilation of essays in this book examines the interrelationships in the Tibetan Buddhist world encompassing Tibet, Mongolia, and Kalmykia, and also sheds a new light on how they encountered the modern world during the late 19th to early 20th centuries. The chapters focus on the perspectives of notable individuals such as the 13th Dalai Lama, and the 8th Jebtsundamba, in the Tibetan Buddhist world, rather than on great power relations between countries such as Britain, Russia and China. This volume, using valuable primary sources, contributes to a better appreciation of trans-regional personal and material exchanges among Tibetan Buddhists beyond national borders.

★レビューを読む
  



 
タイトル:Local Rice Markets in the Philippines
サブタイトル:An Analysis of Impediments to Trade
著者:Olivia Quek
発行:2019年3月31日
定価:5,000円+税
ISBN:978-4-946428-91-3
サイズ:B5変
ページ数:180頁
概要:The Philippines has a large degree of heterogeneity in each geographic market’s ability to produce food staples. Also, a lack of rice has often been at the root cause of political instability. This book aims to answer two questions: Are rice markets in the Philippines well arbitraged across space? What prevents rice from being traded between surplus and deficit regions? It shows how trade costs play a role in obstructing the trade of rice between surplus and deficit markets. Better transportation, packaging, storage, and logistics facilities, are of importance in ensuring that rice markets are integrated.

★レビューを読む
  


Copyright(C) 2005 Union Services. All Rights Reserved.